多摩市の司法書士の求人募集 月給44万 年収532万円 高給・好待遇 日本一安全な業務の司法書士法人 関根事務所。東京都

求人募集

司法書士法人

関根事務所


申し込み 20年30年後の未来がみえますか
新しいことに挑戦する気持ちをもって
当司法書士法人は規模・人数を増やすことが目的ではありません。
私たちのミッション







個人事務所では【国民年金】の場合があります。
国民年金だけでは老後の生活はなりたちません。
当司法書士法人では、【厚生年金】に加入しています。
厚生年金の説明はこちらへ

【国民年金】の個人事務所の給与と比較する場合は、当司法書士法人の下記年収に約50万円を足して計算して下さい。




① 司法書士(立会実務経験1年以上の方)

★給与28万円以上★
別途 残業代全額支給(みなし残業無し)・交通費・司法書士会費 支給
不動産売買の立会実務経験の方。
お客様・社外・社内での人間関係に気遣いができる方。
お客様・社外・社内の関係者の行動・気持ちを先読みできる方。
40歳までの方
(例) 基本給28万円の場合
(8:50分出社19:20分退社)
残業30時間で残業代65,000円
月34万5,000円以上+諸手当想定
年414万円以上+諸手当想定

1ヶ月20日計算想定
時間給1,750円 残業時間給2,187円



② 司法書士(立会実務経験2~3年以上の方)

★給与31万円以上★
別途 残業代全額支給(みなし残業無し)・交通費・司法書士会費 支給
不動産売買の立会実務経験の方。
お客様・社外・社内での人間関係に気遣いができる方。
お客様・社外・社内の関係者の行動・気持ちを先読みできる方。
おおよそ40歳までの方。
(例) 基本給31万円の場合
(8:50分出社19:20分退社)
残業30時間で残業代72,000円
月38万2,000円以上+諸手当想定
年458万円以上+諸手当想定

1ヶ月20日計算想定
時間給1,937円 残業時間給2,421円



③ 司法書士(総合的な登記実務経験5~6年以上の方)

★給与33万円以上★
別途 残業代全額支給(みなし残業無し)・交通費・司法書士会費 支給

上記②条件に加えて、豊富な不動産売買立会経験及び相続・商業登記などの実務経験豊富な方。
お客様・社外・社内での人間関係に気遣いができる方。
お客様・社外・社内の関係者の行動・気持ちを先読みできる方。
交渉力・折衝力・調整力のある方。
おおよそ45歳までの方
(例) 基本給33万円の場合
(8:50分出社19:20分退社)
残業30時間で残業代77,000円
月40万7,000円以上+諸手当想定
年488万円以上+諸手当想定

1ヶ月20日計算想定
時間給2,062円 残業時間給2,577円



④ 司法書士(総合的な実務経験8~9年以上の方)

★給与36万円以上★
別途 残業代全額支給(みなし残業無し)・交通費・司法書士会費 支給

上記③に加えて、成年後見申立・清算人申立など登記以外の総合的な実務経験豊富な方。
お客様・社外・社内での人間関係に気遣いができる方。
お客様・社外・社内の関係者の行動・気持ちを先読みできる方。
交渉力・折衝力・調整力・営業能力のある方。
45歳までの方。
(例) 基本給36万円の場合
(8:50分出社19:20分退社)
残業30時間で残業代84,000円
月44万4,000円以上+諸手当想定
年532万円以上+諸手当想定

1ヶ月20日計算想定
時間給2,250円 残業時間給2,812円



多摩市の司法書士の求人募集 月給44万 年収532万円 高給・好待遇 日本一安全な業務の司法書士法人 関根事務所。東京都

申し込み エントリーはこちらへ







【時短司法書士】

年齢制限はありません。
時給は正社員と同じです。
一般的な基準
上記正社員②条件 時間給1,937円
上記正社員③条件 時間給2,062円
上記正社員④条件 時間給2,250円

別途 交通費実費支給。
取り決め日程時間外の残業はありません。
出勤日程はその都度ご希望日を相談可能です。
ご希望で、土曜日・日曜日・祝日は確実にお休みいただけます。
(平日の調整も可能です。その都度ご相談下さい。)

【例】正社員条件③の場合
月間12日出勤の月・木・金スタッフの場合【週休4日制】出勤3日だけ
2,062円×8H×12日=197,952円となります。

夕方16時まで勤務など自由な対応をいたします。


時給そのままで
当司法書士法人独自の方法で103万円の壁(社会保険料)・90万円の壁(住民税)に対応調整いたします。
(配偶者控除内になるように当司法書士法人の独自調整が可能です。独自のノウハウがありますのでご相談下さい。)
今後の税制変更にも対応します。
ご相談下さい。




申し込み エントリーはこちらへ




過払いの債務整理業務からはじまり
相続専門・遺産承継・信託専門など時代ごとに流行する業務があります。

債務整理専門の司法書士法人で
多重債務者から借入金額の聞き取り面談だけを5年続けて
「不動産登記法は全部忘れました。法律はほとんど覚えていません。」
という方がいました。
残念ですが司法書士採用の対象になりません。

相続専門・信託専門の司法書士法人
戸籍集めのための郵便発送中心の業務を続けて
「法律はほとんど忘れました。」
という方もいましたが、やはり司法書士採用の対象になりません。

誰でもできる単純な業務を続けることは
苦労なく、毎日楽しく過ごせるかもしれませんが
貴重な司法書士試験合格者としての能力が
日々高まるのではなく
日々消滅していく方がいることは非常に残念です。





4類型がありますが 今回1名の募集です。
(時短社員の方は複数名採用予定です。)






正社員の諸条件

※神奈川県司法書士会費・支部会費全額支給。
※交通費全額支給。
※交通費が7,000円に満たない場合住宅手当として7,000円まで支給します。
(近くへの引越で通勤が徒歩・自転車になってもメリットがあります。)
(以前交通費ゼロ円のスタッフからの要請がありました。)常にスタッフの平等性を意識した制度になっております。

※就業規則上試用期間はありますが、給与を減額することは一切ありません。

※基本給が高いため残業代も高時給となります。(賞与に分散する手法はとっておりません。)

※二度産休を取得した司法書士も勤務しています。
時短社員も可能です。月17日間勤務 や 毎日17時まで勤務など 時給単価はそのままで柔軟な勤務が可能です。ご相談下さい。 時短社員には年齢制限はありません。
※正社員も残業ナシを選択できます。
 定時あがりで保育園にお迎えに行くスタッフもいます。


※司法書士有資格者で司法書士登録し業務ができる方。
※司法書士その他国家資格で懲戒処分・刑事処分を受けたことのない方(軽微な道路交通法は除く)。
※過去に破産宣告などを受けたことのない方。
※人材派遣会社は年収の30%程度の紹介料が発生しますので採用条件が異なります。人材派遣会社を通さずにご連絡ください。
※司法書士登録なしの補助者立会は違法ですから、その経験年数は該当しません。
※司法書士事務所の開業の目的をお持ちの方はご遠慮下さい。








【正社員の勤務時間】

9時~18時(休憩60分)
休日:週休2日制(土・日・祝・夏季休暇・年末年始)
月2回程度の土・日・祝の当番出勤あり(水曜日もしくは火曜日に振替代休)
年末年始法務局の日程と同一休み。夏季休暇4日。
※残業代全額支給(みなし残業は一切ありません。)
※案件は全て所内で共有化してすすめております。複数で担当をもちますので有給休暇も100%消化できます。
※現在25時間~30時間が一般的な残業時間となっています。(繁忙期などにより多少増減あります。)
(19時~20時までに退社しております。21時までの勤務は年間で2~3日程度ぐらいです。)
※定時上がりが原則です。定時あがりで保育園にお迎えに行くスタッフもいます。

時短社員の方は、より柔軟にお時間を調整いたします。

【業務内容】

本人確認などを要する不動産売買の決済が中心です。
おおよそ、不動産登記(売買5相続2)7割・商業登記1割・その他2割(成年後見申立など)。
第三者のためにする契約や、信託受益権売買、動産・債権譲渡登記等、幅広く取り扱っています。
債務整理は一切やっておりませんので安心です。(経済的利益の受任による賠償請求の危険はありません。)





【正社員の福利厚生】

厚生年金・健康保険・雇用保険・労災保険 完備
職業賠償責任保険加入
(二度産休を取得した司法書士も勤務しています。)

当司法書士法人は厚生年金に加入しております。

【厚生年金】
従業員負担分4万円・法人負担分4万円
毎月8万円相当の支払いになります。
(当司法書士法人入社3年程度の平均)
従業員負担分4万円の天引きで手取りが少なく感じますが
(国民年金との支払い差額は23,000円ほど増えます。)

法人負担分4万円×12ヶ月=年額約50万円
法人が負担をしています。

個人事務所16,260円の国民年金より
倍の8万円を毎月支払っているわけですから
国民年金よりの支払い分が老後の安定に貢献します。
(その5倍のうち半分は法人負担です。)

国民年金の個人事務所の給与と比較する場合は、当司法書士法人の年収に約50万円を足して計算して下さい。


1人あたり50万円の負担をしないように法人化を避ける個人事務所もあります。
個人事務所の【国民年金】
毎月16,260円の支払いだけです。
老後の国民年金の平均支給額は、
月額で【55,615円】

(国民年金の制度上の支給額は、月額で「64,941円」ですが、これは40年間保険料を支払った場合の満額・上限です。)
月額【55,615円】だけでは老後の生活は成り立ちません。

申し込み エントリーはこちらへ






【勤務場所】

〒213‐0001
神奈川県川崎市高津区溝口二丁目14番3号 MSビル5階
TEL 044-844-6400(代)
FAX 044-844-6433

東急田園都市線 溝ノ口駅から徒歩2分
JR南武線武蔵溝口駅から徒歩3分

渋谷から東急田園都市線で13分
大手町から東急田園都市線で28分
川崎駅からJR南武線で22分
横浜駅からJR南武線・東急東横線で28分

通勤では 渋谷から下りになりますので毎朝座って通勤可能です。
満員電車とは無縁です。
新宿・渋谷・横浜などターミナル駅から10分以上歩く事務所も多くあります。
座ったままの通勤なので徒歩より快適です。



→事務所所在地地図

申し込み エントリーはこちらへ

多摩市の司法書士の求人募集 月給44万 年収532万円 高給・好待遇 日本一安全な業務の司法書士法人 関根事務所。東京都











司法書士法人 関根事務所の特色



特色① 偽造書類の判別技術

 ずさんな偽造書類をみぬけなかった場合は不法行為にあたります。
(東京地判 平16年8月6日)

 債務不履行責任ではなく不法行為責任ですから顧客と直接の受任関係がない雇用司法書士も個人として提訴される危険があります。
 当司法書士法人ではそのような防止対策研修も行っていますので安心です。



私たちは 下記のような低レベルの業務はいたしません。

 ほとんどの司法書士の業務は
「権利書をながめて権利証と登記簿の受付番号・日付があっているから本物らしい。仕事完了。」
まったく技術を必要としない誰でもできることしかしていません。

※ 個人事務所から大規模司法書士法人までほとんどの司法書士が赤枠の照合だけです。

権利証の印判の印影の確認をしている司法書士は日本にほとんどいません。
当司法書士法人は、司法書士がプログラミングした特殊カメラで権利証の印判の印影が偽造かどうか確認をしています。
司法書士法人関根事務所だけにしか存在しない特殊な技術があります。




 自動車運転免許証をながめて
「なんとなく本物らしい。コピーを取って仕事完了。」
本人確認といってもコピーを取る以外に何もしていません。
司法書士は本人確認が必要と言いますが、
ほとんどの司法書士が身分証明書を検証することもなくただコピーを取るだけです。
※ 個人事務所から大規模司法書士法人までほとんどの司法書士が身分証明書の検証などしません。

当司法書士法人では、身分証明書の中のICチップ
暗証番号 一切不要で本物かどうか判定します。
最新マイナンバーも対応。
当司法書士法人のICチップのチェックシステムであれば高度な印刷の偽造であっても完全に見抜きます。
当司法書士法人の開発システムは暗証番号が一切不要でICチップの真偽を判定します。


普通の司法書士の業務で不動産詐欺を見抜けるのでしょうか?
見抜けない場合に、雇用司法書士はどんな状況になるのでしょうか?
数億円・数千万円の賠償請求訴訟の訴状が届くことを想像して下さい。

開業から20年賠償請求などされたことがないという司法書士がいましたが、
運良く不動産詐欺師に出会っていないだけです。
詐欺を見抜けるような高度な業務は何もしていません。
日々、運任せの日常業務です。

個人事務所から大規模司法書士法人まで
ほとんどの司法書士が
成りすまし防止のため「本人確認が必要」と
成りすまし防止ができるかのような嘘を言い
お客様をだまし続けているのが現状です。

大規模法人ならしっかりした業務をしているという
お客様を勘違いをさせ
雇用司法書士にも勘違いをさせています。
特別なことを何もせず、当司法書士法人からすると
ずさんな本人確認をしているだけです。

司法書士法人関根事務所の
権利証の確認と 本人確認業務です。


権利証の印判の印影
 プログラミングした特殊カメラで偽造かどうか判別。
 代表司法書士が自らプログラムを書いて開発した。
 (印影は、法務局ごとに・時代ごとに違います。)
 日本で唯一のシステムです。
 市販されているソフトは存在しません。

■身分証明書の中のICチップ
 暗証番号 一切不要で本物かどうか判定します。
 最新マイナンバーも対応。
 当司法書士法人のICチップのチェックシステムであれば高度な印刷の偽造であっても完全に見抜きます。
※市販されているシステムのほとんどは暗証番号がなければICチップのチェックができません。
 印刷面のチェックだけになっています。
 当司法書士法人が未然に防いだ詐欺案件の運転免許証の印刷面は完璧な偽造でした。
 印刷面だけでは高度な偽造の場合には見抜けません。
 当司法書士法人の開発システムは暗証番号が一切不要でICチップの真偽を判定します。
 一般的な市販のシステムより高度なプログラミング技術を有し代表司法書士が自ら開発しています。

 上記2つの機能を1台(138gで軽量)で可能です

日本一高度な業務・日本一レベルの高い業務・日本一安全な不動産取引
日本一の司法書士事務所です。

多摩市の司法書士の求人募集 月給44万 年収532万円 高給・好待遇 日本一安全な業務の司法書士法人 関根事務所。東京都






特色② 効率的な業務

当司法書士法人の独自にプログラミング開発したアプリを使えば、敷地権が20筆以上ある移転登記や担保設定の登録免許税の計算も早く、正確です。
20筆ある見積書の作成は、税計算・報酬計算・FAX送信票も合わせて、3~4分程度でできます!
チェック者は90秒程度です。
他の事務所では作成者・チェック者の時間を合わせ延べ60分~90分の時間を要する事務所もよくあります。
13~20倍の時間をかけていてはスタッフの給与水準の向上は望めません。
当司法書士法人では電卓をたたく必要もなく、エクセルの知識も不要です。
操作はテンキーとマウスだけ。簡単です!
ぜひ当司法書士法人のシステムを見に来て下さい。日本で当司法書士法人でしか存在しないシステムがたくさんあります。

当司法書士法人では独自開発のソフトウェアのAIがあります。

売買の必要書類の一覧を作成して仲介業者様へアナウンスする場合、

他の事務所では
wordを起動して入力作業をしますが、

当司法書士法人では
独自開発のデジタル受託票のボタンをたったの2つ押すだけで完了します。
案件の物件所在地名・当事者名をAIが把握し、
当事者が海外住所地・外国籍や成年後見人・破産管財人・不在者管理人等あらゆる変則必要書類であっても
AIが完全自動判別し自動作成します。
20分~30分ぐらいかかる手作業が1~2分程度で完了しミスがありません。
こなせる仕事量が多いので、収入やプライベートの時間も当然増えます。

権利証か識別情報かAIが判断してくれます。
たまに遭遇してうっかりする非課税法人かどうかAIが判別し注意喚起します。
依頼者特有の特色、金融機関ごとの支店の注意事項などAIがアドバイスをします。
利益相反になっているだろう予測もAIがメッセージを発します。

原始的な手作業の入力から解放され
疲れずに自動的に年収が増える仕組みがここにあります。



 代表司法書士がプログラミング言語で直接開発していますので、日々システムは修正されスタッフとともに成長しています。
 スタッフ全員で要望・意見・アイディアを検討し、効率化の高度化・スタッフの給与上昇の仕組みを向上さていきます。

 商号や理念に「イノベイション」を掲げながらやっていることは原始的な作業の事務所が多くあります。
 かけ声だけの にせイノベーションではなく
 私たちは、本物のイノベイションチームです。

多摩市の司法書士の求人募集 月給44万 年収532万円 高給・好待遇 日本一安全な業務の司法書士法人 関根事務所。東京都

申し込み エントリーはこちらへ











特色③ 完全な担当制ではなく情報を共有し複数で対応

打ち合わせ・書類作成・チェックなど全員で対応しています。
他の多くの事務所では「完全担当制」がほとんどではないでしょうか。
夕方に立会から帰ってきても昼間は誰も打ち合わせなど手伝ってもらえず、隣席のスタッフの協力もありません。
日程的に余裕のあるスタッフがいても担当者以外は何も対応せず、書類の作成の協力もしません。
夕方立会から帰ってきて、取引先へ連絡を取っても相手が留守、取引先から電話がかかってきても今度は自分が立会で留守。打ち合わせも進みません。
非効率な残業時間は当然増え、帰宅時間はどんどん遅くなります。
そのような事務所では「みなし残業」代として一定金額に制限を設けることで非効率な残業が日常的に行われているようです。
当然、時間給当たりでは低収入となります。
また、完全担当制は一部のスタッフに業務が集中する危険性があります。
これを解決するには当司法書士法人のように1案件を複数で対応するための情報共有の独自開発のデジタル立会票システムがなければできません。
外出しているスタッフの案件を他のスタッフが打ち合わせしたり、作成したり、チェックしたり、急ぎの案件から所内にいる全員が対応していきます。
当司法書士法人のシステムならば、どの案件がどこまで進捗しているか一目瞭然です。
この案件にはどんな情報が足りていないかPCの画面ですべての把握ができます。
立会の日程もその日に何件入っているか、誰が立会に行く担当か、カレンダーの一覧で瞬時に把握ができます。(日・週・月)
当司法書士法人のシステムであれば紙のデータを探す必要も無く、自席のPC画面で効率的に業務が進みます。
なお、残業が発生しても残業代は全額支給しております。みなし残業(含み残業)は一切ありません。
残業が少なければ基本給の昇給へまわす仕組みがあります。
早く退社することがメリットとなります。







特色④ 貴重な司法書士への成長

 実務経験が浅い先輩スタッフ中心の指導では幅広い知識のアドバイスを受けることは期待が出来ないでしょう。
 「わからないことは登記所へ聞け」というひどいレベルの事務所もあります。
 司法書士の存在意義も理解できない事務所ではスキルアップは期待できません。
 また、責任者のチームリーダーが司法書士試験に合格できない無資格者になっている事務所。
 法令根拠を無資格者のためまったく説明できない状況でアドバイス・社員教育は論外です。
 「過去にやったことがある」との説明は法的根拠がありません。
 間違った登記申請を登記官が見落としただけでも正しい登記申請と解釈するベテラン無資格者がたくさんいます。
 当司法書士法人では、根拠条文・基本通達・個別先例など明確に説明し、正確な知識が増えていきます。
 法務局の登記官に対し法理論を持って正しい方向に誘導(指導)することもよくあります。
 私たちの合い言葉に「法務局の調査官を信じるな」があります。

 旧法当時の権利書を作成・経験した人間がまわりにいないため登記済証や登記済保証書の意味がわからない。
 閉鎖登記簿などで紙の簿冊の登記簿の仕組みもを知らないなど日常業務に支障をきたす司法書士が異常に増えています。
 当司法書士法人では日常業務で必要となる旧登記法の知識を自然と身につけられます。
 (こういった部分は現在書籍などがありませんので当時から現役で実務をしていた方から聞くしかないのです。)
 登記済証(権利証)の制度が改正でなくなって 年が経過しています。


 当司法書士法人では、他の事務所が投げ出すような案件の解決能力も身につきます。
 買主様が中国在住の方で、資本規制にひっかかり思うように日本に送金ができないときの資金移動のアドバイスなども普通にします。
 当司法書士法人には、高度な金融リテラシーがあり学べます。
 プログラミング技術のITリテラシーも学べます。
 法令・手続き以外において、あらゆるクライアントの困りごとを「私たちに解決できないことはない」を
 提供できる貴重な司法書士に成長できます。
 当司法書士法人は書籍など参考文献が存在しない未知の案件の対応力があります。
 身につけたい分野があれば、いつでも欲しい技術が身につき、
 あらゆる技術が習得でき、使い捨てにならない貴重な存在の司法書士になれます。


申し込み エントリーはこちらへ










特色⑤ 優しい仲間・お互いフォローし合える仲間

当司法書士法人では、お互いにフォローをし会える仲間がいます。
いろいろな案件をフォローしあって進めています。
気さくに質問でき、失敗も相談できます。


当司法書士法人は多様性を重視しています。
30歳代~50歳代までいろいろなスタッフがいます。
小さい子供に接しているような優しいスタッフばかりです。
素晴らしい仲間との環境がここにあります。


当司法書士法人は、分業制でもなく、担当制でもなく
無資格者もいません。
したがって、下記のようなスタッフはいません。
「その件はあなたの案件だから 私は知らない」
「それはあなたの案件だから 私は関係ない」
「私の案件は終わったから、ほかの人が忙しいなんて私に関係ない」
「私は、合格者じゃないから そういったことはわからない」
「あなたは合格者なんだから あなたがやって」
「合格者なのにこんなミス信じられない。」

上記のスタッフがいますとチームが壊れていきます。
当司法書士法人では、事務所内で政治的な闘争をする人は一切いません。
上司に媚びを売って優位に立とうとする人も一切いません。
ミスをあげつらって精神的に優位に立とうとする人も一切いません。
お互いに気遣いできるやさしいスタッフだけで構成しています。

チームで業務を進めることでみんなの環境・待遇がよくなります。
そのための事務所のシステムを作ってきました。
スタッフの勤務環境を犠牲にしてまで事務所規模を拡大することはありません。
それが今目指している関根事務所の社風だからです。

また
失敗は個人の責任ではありません。
事務所のシステムが悪いためです。
みんなで改善の意見を出していきます。
誰か個人を責めたりしません。
一人がミスをすれば次の誰かがまたミスをします。
根本的にミスのないシステムをみんなで構築していきます。
ミスは、改善のための貴重な情報源でもあります。
「ミスは恥ずかしいことではない」
「ミスはチャレンジした証し」と
スタッフみんなが認識しています。


多摩市の司法書士の求人募集 月給44万 年収532万円 高給・好待遇 日本一安全な業務の司法書士法人 関根事務所。東京都







特色⑥ 共同経営者・事業承継の道がある

当司法書士法人であれば共同経営者・事業承継の道があります。
代表が 歳(創業 年目)なので40代30代20代のメンバーは今後共同経営者と承継していくことが可能です。
代表司法書士がプログラミングしたシステムは他にない事務所の財産です。
司法書士法人として永続し、司法書士法人関根事務所だけにしかない効率的なアプリなどのシステムを承継できます。
偽造書類などの損害賠償リスクを排除し、業務効率による差別化・付加価値に成功した素晴らしい職場があります。
(無資格者の2代目親族が意味不明な肩書きで管理職をするようなことはありません。)


申し込み エントリーはこちらへ









20年30年後の未来がみえますか

【連合会データ(H29)】
司法書士 全国平均年齢は52.9 歳
1位 40代 26.5%
2位 60代 21.7%
3位 30代 20.0%
29年度司法書士試験合格者 平均年齢は37.6歳。
20代30代40代の司法書士の合計48.8%
半分以上が50歳代以上の司法書士です。

 半数が50歳以上ですが雇用司法書士の方の転職先は
 確実に少なくなっていきます。
 長期雇用で60歳代の雇用司法書士が
 ほとんどいないことで理解ができると思います。
 1~2年程度で習得できる業務ならば、
 給料の安い若い方が有利です。
 業務の質と関係のない
 勤続年数だけが根拠の昇給を続けると
 リストラが発生しやすい危険な状態になります。

 高齢になってリストラされたり、
 昇給がない不満から退職を考えたりします。
 その後、年齢制限等で希望の転職先がなく
 失業状態になっても
 失業したとはおそらく言いません。
 必ずまわりにはこう言います。
 「自分は開業した」と
 実務についた頃は
 「まったく開業する気はない。」
 「開業に興味はない。」と
 言っていたにもかかわらず。

 なりゆきの無計画な開業に追い込まれる方は、
 大切な時間を
 ★業務内容の質・範囲の検証
 ★10年後20年後司法書士として
 能力を高めることをほとんど考えず
 勤務先を選んでしまいます。
 
 また、大勢勤務している事務所では
 「高度な業務をしている」と
 勘違いをして安心する場合があります。
 日常業務を考えれば
 司法書士業務全体の中で
 ★一部分だけ・一定の顧客だけなど
 ★非常に狭い経験しかできていない状態
 ★レベルの高い研修もなく
 ★無資格者でもやっている業務
 ★法令解釈が不要な業務
 ★手続きが書籍化されているような業務
 ★司法書士会で研修されているような業務
  司法書士である個人として差別化・優位性など身につかず
  安心できる要素はまったくありません。

 わかっては いても、
 慣れた環境を変えられず
 時間だけが過ぎたりします。
 司法書士用ソフトに入力し、印刷し、書類を組み、立会に行き、申請作業をする。
 それで仕事が一人前にできるようになったと満足するのか
 それで開業できると開業していくのか。
 代わりがいくらでもいる、付加価値のない誰にでもできる司法書士と考えるか
 人により違うことでしょう。
 成長し続ける司法書士か、成長が止まる司法書士か違ってくることでしょう。

 成長が止まった単純業務を続けたり
 身につける必要がある
 ●差別化ができるレベルの高い法令業務
 ●依頼案件の取りこぼしをしない幅広い業務
 ●独自の技術による生産性アップの効率業務
 ●長期経験者から得られる独自の裏技業務
 ●懲戒処分にならない質の高い安全な業務
 ●損害賠償リスクを回避するための訴訟対策業務
 ●値引き要請に対する交渉能力
 ●クレームに対する交渉能力
 ●経理・簿記・税・手形小切手などの商売の基本知識
 ●マーケティング戦略
 ●営業能力
 など
 まったく身につけられず、
 上司に丸投げですましたり
 または、必要なこともわからないまま
 想定外の開業をしたり、
 代わりがいくらでもいるような司法書士として
 単純労働者のまま高齢化し労働環境が不安定になったりします。

 無資格補助者よりも収入の少ない50・60・70・80歳の開業司法書士が存在します。
 個人事務所の場合、老後の国民年金の
 平均支給額は、
 月額で【55,615円】です。

 それだけでは老後の生活は成り立ちません。
 70歳80歳でも仕事を続けざるを得ません。
 独り開業では60歳代で廃業に陥るリスクは相当にあります。
 独りでやっていける程度のわずかなお客様がいっせいに引退していくからです。
 健康で長期入院をすることなく80歳まで過ごせる確信も独り開業には必要です。
 また50~ 60歳代の司法書士が、20~30歳代のクライアントから受任することはかなり困難になります。
 高齢になり環境劣化をイメージできない司法書士が多くいます。

 なお、当司法書士法人ではスタッフの世代・お客様の世代がバランス良く分散をしています。
 永続的に存続する組織を意識し方針を決定しています。
 厚生年金の加入は当然のことです。
 司法書士事務所の経営者には
 自分自身の老後の人生設計も想定できない無計画な経営者が多くいます。

 司法書士法人関根事務所ならば
 ありがちなキャッチフレーズとは違う
 差別化された付加価値の高い
 本物のプロフェッショナルになります。
 当司法書士法人の業務は多岐にわたります。
 ■不動産売買立会。
 (特殊な本人確認・特殊な偽造判別)
 ■現行民法以外の旧民法の相続登記など
 ■外国籍の相続登記(東南アジア・欧米・北欧)など
 ■債権譲渡登記・動産登記・売電債権の質権設定など。
 ■信託登記・信託財産の組成・信託受益権売買・抵当証券・工場財団の組成・工場抵当など。
 ■会社設立・増資・本店移転・組織変更・合併など。
 ■成年後見人・清算人・不在者財産管理人など申立など。
 ■遺産承継・遺言執行人など。
 ■100年前の一号仮登記があり、仮登記権利者が行方不明で委任状がもらえない。

 他の司法書士・弁護士が投げ出した案件もよくまわってきます。
 当司法書士法人は、未知の案件で司法書士業界で誰もやっていないような解決をします。
 ありきたりの司法書士とは違い
 単純業務では得られない達成感があります。
 他の事務所では得られない能力が身につきます。

 司法書士法人関根事務所の勤務であれば、
 司法書士として幅広い経験と、
 高度な知識・対応力で
 貴重な司法書士となり
 安定した高収入がずっと得られます。

 司法書士法人関根事務所は、
 「猿まねの猿ではなく」
 法律家として
 未知の案件への対応力
 「日々オリジナルの技術をつくり」
 「日々オリジナルのノウハウを高め」
 全スタッフが
 「 成長できるポリシー・環境」があります。

 楽しい自由な未来を一緒に手に入れましょう。

申し込み エントリーはこちらへ


司法書士法人関根事務所 女性司法書士在籍

関根事務所の理念 Philosophy

 日本一高度な技術で→安全な不動産取引を提供します。
 私たちだけにしかできない安全な不動産取引を社会のため広める努力をします。
 社会のために私たちが少しでも多くの不動産取引に関わる努力をしていきます。
 日本の不動産市場2,562兆円※の日本の根幹の資産の権利を守り、支えているのは私たちです。
 (※平成28年度確報データ)


関根事務所の活動 Profession

 高度な法令知識・幅広い法令知識を有し最高レベルの法令サービスを提供します。
 偽造書類を見抜く高度な技術を確立し、
 →特殊な技術システムを社内開発し続けます。
 日本で誰もやっていない高度な本人確認技術を推進します。
 不動産詐欺師による偽造書類、売主への成りすまし、代金のだまし取り、詐欺取引を全力で防止します。


関根事務所の仲間 People

 スタッフが助け合い成長しあい、参画し、楽しい時間を共有します。
 他のスタッフを気遣うことができる優しいスタッフだけで構成します。
 仲間との勤務環境を犠牲にしてまで事務所規模の拡大を目指しません。


関根事務所の待遇 Privilege

 ほかの事務所にはない、理想的な給与・待遇をつくります。
 ほかの事務所にはない、成長できる環境をつくります。
 何十年後でも通用する高度な技術を習得ができる環境をつくります。
 ほかの事務所にはない、楽しい時間を共有します。




 スタッフの永続的な成長とスタッフが何十年先でも通用する付加価値のために
 誰にでもできる、流行の業務をメインとすることはありません。
 (メインではありませんが遺言・信託は創業当時から幅広く受任しております。)
 クレサラ過払い業務が流行すればそれに飛びつき
 (経済的利益の範囲の業務で弁護士法違反の賠償を負ったり)
 遺言・信託が流行すればそれに飛びつき
 付加価値の高い差別化ができる技術も無く、
 司法書士会の研修と数冊の本で身につけられる知識で
 安直に流行を追い、右往左往し流行に振り回され
 専門家になりきれない司法書士の方がたくさんいます。
 私たちは、不動産取引の登記業務で高度なノウハウを蓄積し、
 特殊な技術を高め、圧倒的な実力を持って、
 歴史ある司法書士業務の王道で勝負し続けます。

 現在ほとんどの部分で達成ができていますが
 給与に関して、今後一番改善余地があると考えています。

 わたしたちは、猿まねのサルではなく
 「スタッフの待遇」や「業務システム」において
 業界の【※ファーストペンギン】でありたいと思っています。

※「ファーストペンギン」とは、集団で行動するペンギンの群れの中から、天敵がいるかもしれない海へ、魚を求めて最初に飛びこむ1羽のペンギンのこと。 転じて、その“勇敢なペンギン”のように、リスクを恐れず初めてのことに挑戦するベンチャー精神の持ち主を、米国では敬意を込めて「ファーストペンギン」と呼びます。 




申し込み エントリーはこちらへ









 当司法書士法人は、新しい業務にチャレンジしたい方が多いので不慣れでもかまいません。
 情熱があれば技術はついてきます。
 向上しようとする気持ちがあれば問題はありません。

 入社希望者の方は、面談以外に何度でも事務所に遊びに来て下さい。
 いつでも、スタッフとおしゃべり自由です。
 事務所にご来所いただき、直接雰囲気を感じて下さい。

 面白そうなこと
 自分がやりたいこと、
 自分に必要なこと
 型にはまらない面白い経験ができます。それが、成長につながります。
 幅広い法令知識・実務経験は当然ですが、営業・企画立案も必要ですし、やってみると面白いものです。
 いろいろな経験をして実力をつけ業績のコントロールができなければ、昇給の原資が出てきません。
 代表の引退後も想定し、それぞれの世代のクライアントを獲得する必要もあります。
 やるべきことはたくさんあります。
 1~2年で習得できて
 資格者以外でも出来る業務を
 繰り返している暇はありません。

 業務効率のよいAIシステムから自由な時間の確保ができていることは言うまでもありません。
 「おもしろそう やってみよう」
 「やったことない やってみよう」
 今は、ビジネスを積極的に楽しむ仲間が集まっています。
 新しいことにチャレンジするベンチャー企業の気質があります。

 「日本で誰もやっていなから挑戦する」そこから代表のプログラム開発もはじまっています。
(代表は法学部の人間でプログラミングの会社に就職したこともありません。学校にも行ってません、すべて独学です。日本で誰もやっていない特殊なシステムですから参考になるものが、そもそも世の中に存在しません。)
 

 当司法書士法人は、20人規模の時期がありましたが、
 ①差別化し優位性のある効率業務
 ②特殊な偽造チェックでの安全な業務
 ③スタッフが成長する環境
 をつくりあげることを優先したために規模は縮小してしまいました。
 ようやく納得できる環境ができました。

 チャレンジをすることは自分を信じること。
 自分の可能性にかけること。
 自分の可能性にかけるチャンスと仲間がここにいます。

= 7 and date("H") <= 22) : ?> ") ?> ") ?>






他の事務所では

試用期間中に給与を減額したり

時間外の朝礼があったり
時間外の清掃があったり
時間外に付き合わされたり

昇給規定がなく、目安になるものもまったくなかったり
何年勤務しても同じ給与だったり

みなし残業(含み残業・固定残業)で残業代を全額支給しなかったり

賞与があると表記があっても
実績連動で必ずしももらえなかったり
そのときの上司の適当な気分だったり

賞与の目的が毎月の基本給・手当を減らすためだったりもします。
4ヶ月賞与へ分散すると年収の3分の1が基本給からはずれますから
残業手当も3分の1にカットすることが目的だったりします。
ひたすら残業代の時間給を下げることに固執します。
賞与を入れれば年収が同じと説明されても実際残業代の時間給は同じになっていません。
ボーナス受給時点から次のボーナスまでの間に転職すれば不利な年収になったりもします。

実務経験者なのに
初年度が異常に低く
突然3年目の年収が高い表記だったり
不自然に5年目から突然年収が高い表記だったり
(そもそも3年・5年勤務する人間がいない環境かもしれません。)

法人負担のある厚生年金に加入せず、
各自に国民年金を支払わせる司法書士事務所があります。
天引きが少なく手取りが多いと勘違いをさせる司法書士事務所があります。
国民年金だけでは老後の生活は成り立ちません。
厚生年金の説明はこちらへ



などの

不誠実な対応

をよくききます。
(劣悪な労働環境をよくみせるために、多数のだますテクニックを身につける経営者はいろいろな業界にいます。)


当司法書士法人では入所希望者の方の実績にあわせ
初年度から明確に誠実に対応しております。
給与体系が明確ですので
勤務後昇給していく目安としても安心できると思います。
年収を高めて残業代もその年収に見合った額にするために賞与に分散させません。
スタッフの老後のために厚生年金に加入し法人負担をしています。


勤務環境をよくするためのスタッフの高収入化は、時間当たりの生産性の向上もしくは単価の高い業務の獲得しかありません。
当司法書士法人では、スタッフの高収入化を目指しています。


事務所の規模・人数を増やすことだけが目的の事務所があります。
業務がいい加減ですから誰とでも業務提携したり、遠方の支店を出店できたりします。
スタッフの能力を高める時間が不要ですから大量採用も可能です。


当司法書士法人は
取引先・依頼者・勤務司法書士がトラブルに巻き込まれないための
業務の質の向上に重点を置き

関係者の皆様に高度な安心・安全を提供し
勤務司法書士の収入アップ
勤務司法書士の楽しい勤務時間の共有
を目指します。

事務所の規模、人数の規模を目指しません。



ご連絡お待ちしております。


申し込み エントリーはこちらへ














私たちのミッション Mission

 下記のような司法書士事務所が存在します。
 危険な不動産取引を撒き散らし、お客様と事務所スタッフを危険にさらす事務所。
 上記のずさんな業務をしている事務所がやっている差別化は、
 【いかがわしい接待、ゴルフ接待、キックバック、値引き】。
 非常に高額のコストが発生し続ける
 【接待、キックバック、値引き】の費用の原資は
 スタッフへの残業代未払い、
 固定残業・含み残業・みなし残業という
 残業代の踏み倒し

 基本給が低く、長時間の残業をしないと生きていけない環境。
 給与に残業代が当然のように組み込まれている事務所。
 残業代の時間給が異常に低い事務所。
 定時で帰ることに負い目を感じる事務所。

 スタッフが賠償リスクを負う危険な日常業務。
 国民年金だけの劣悪な環境。
 無資格者が実質経営者で無資格者へ上納金がある
 など
 そういった雇用司法書士の犠牲のもとに利益を確保する経営者がいます。

 やめても行くところがない
 無資格者を管理職におき、
 顧客を盗んで開業ができないであろう
 無資格者を管理職におき、
 人材派遣会社や予備校の説明会などを利用し、
 (採用者の年収の30%)100万円ぐらいの高額な
 手数料を人材派遣会社や
 予備校に支払いをしてまで
 業界を知らない新合格者をだます機会に固執し、
 劣悪な勤務環境をごまかし、採用を繰り返す大規模事務所。

 デタラメな業務で懲戒処分を何度も受け商号変更をしている事務所。
 何度も懲戒処分になっている悪質な業務で全国に支店を出している事務所。
 外部へホームページの作成をさせて
 「○年度新合格者の就職したい事務所ランキング○位に選ばれた」と
 やらせのホームページで宣伝をする事務所。

 誰でもできる業務のため
 顧客を盗まれないようにビクビクして
 信用できるのは無資格者だけ。
 代表は死亡するまでしがみつき、
 死んだら取引先のコネクション消滅で事務所は崩壊。
 みなさんより20~30歳も年上で
 代表一人の政治力で受任している大規模事務所。


 私たちはしっかりした高度なサービスを社会へ提供します。
 時間当たりの生産性を高める高度なシステムで効率を上げ
 他社がマネのできない技術で優位性をつくり
 スタッフの安心と安全を守り、給与水準を向上させます。
 そして、そのシステムを永続的に承継していきます。

 雇用司法書士の犠牲を利用して利益を上げる事務所から、
 大規模なだけで勘違いをさせている劣悪環境事務所から、
少しずつでも、クライアントの獲得を増やし
少しずつでも、楽しく一緒に働ける仲間を増やし
 私たちが、この世の中から
 ブラック事務所を撲滅します。

多摩市の司法書士の求人募集 月給44万 年収532万円 高給・好待遇 日本一安全な業務の司法書士法人 関根事務所。東京都






(2019年東京大学入学式での上野千鶴子教授の祝辞全文を止めておきます。)

ご入学おめでとうございます。あなたたちは激烈な競争を勝ち抜いてこの場に来ることができました。

その選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょう。
が、しかし、昨年、東京医科大不正入試問題が発覚し、女子学生と浪人生に差別があることが判明しました。

文科省が全国81の医科大・医学部の全数調査を実施したところ、女子学生の入りにくさ、すなわち女子学生の合格率に対する男子学生の合格率は平均1.2倍と出ました。

問題の東医大は1.29、最高が順天堂大の1.67、上位には昭和大、日本大、慶応大などの私学が並んでいます。1.0よりも低い、すなわち女子学生の方が入りやすい大学には鳥取大、島根大、徳島大、弘前大などの地方国立大医学部が並んでいます。

ちなみに東京大学理科3類は1.03、平均よりは低いですが1.0よりは高い、この数字をどう読み解けばよいでしょうか。統計は大事です、それをもとに考察が成り立つのですから。

女子学生が男子学生より合格しにくいのは、男子受験生の成績の方がよいからでしょうか?

全国医学部調査結果を公表した文科省の担当者が、こんなコメントを述べています。「男子優位の学部、学科は他に見当たらず、理工系も文系も女子が優位な場合が多い」。

ということは、医学部を除く他学部では、女子の入りにくさは1以下であること、医学部が1を越えていることには、なんらかの説明が要ることを意味します。

事実、各種のデータが、女子受験生の偏差値の方が男子受験生より高いことを証明しています。

まず第1に女子学生は浪人を避けるために余裕を持って受験先を決める傾向があります。

第2に東京大学入学者の女性比率は長期にわたって「2割の壁」を越えません。今年度に至っては18.1%と前年度を下回りました。

統計的には偏差値の正規分布に男女差はありませんから、男子学生以上に優秀な女子学生が東大を受験していることになります。

第3に、4年制大学進学率そのものに性別によるギャップがあります。2016年度の学校基本調査によれば4年制大学進学率は男子55.6%、女子48.2%と7ポイントもの差があります。

この差は成績の差ではありません。「息子は大学まで、娘は短大まで」でよいと考える親の性差別の結果です。

最近ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが日本を訪れて「女子教育」の必要性を訴えました。それはパキスタンにとっては重要だが、日本には無関係でしょうか。

「どうせ女の子だし」「しょせん女の子だから」と水をかけ、足を引っ張ることを、aspirationのcooling down、すなわち意欲の冷却効果と言います。

マララさんのお父さんは、「どうやって娘を育てたか」と訊かれて、「娘の翼を折らないようにしてきた」と答えました。そのとおり、多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきたのです。

そうやって東大に頑張って進学した男女学生を待っているのは、どんな環境でしょうか。

他大学との合コン(合同コンパ)で東大の男子学生はもてます。

東大の女子学生からはこんな話を聞きました。「キミ、どこの大学?」と訊かれたら、「東京、の、大学...」と答えるのだそうです。なぜかといえば「東大」といえば、ひかれるから、だそうです。

なぜ男子学生は東大生であることに誇りが持てるのに、女子学生は答えに躊躇するのでしょうか。

なぜなら、男性の価値と成績のよさは一致しているのに、女性の価値と成績のよさとのあいだには、ねじれがあるからです。

女子は子どものときから「かわいい」ことを期待されます。ところで「かわいい」とはどんな価値でしょうか?

愛される、選ばれる、守ってもらえる価値には、相手を絶対におびやかさないという保証が含まれています。だから女子は、自分が成績がいいことや、東大生であることを隠そうとするのです。

東大工学部と大学院の男子学生5人が、私大の女子学生を集団で性的に凌辱した事件がありました。加害者の男子学生は3人が退学、2人が停学処分を受けました。

この事件をモデルにして姫野カオルコさんという作家が『彼女は頭が悪いから』という小説を書き、昨年それをテーマに学内でシンポジウムが開かれました。

「彼女は頭が悪いから」というのは、取り調べの過程で、実際に加害者の男子学生が口にしたコトバだそうです。この作品を読めば、東大の男子学生が社会からどんな目で見られているかがわかります。

東大には今でも東大女子が実質的に入れず、他大学の女子のみに参加を認める男子サークルがあると聞きました。

わたしが学生だった半世紀前にも同じようなサークルがありました。それが半世紀後の今日も続いているとは驚きです。

この3月に東京大学男女共同参画担当理事・副学長名で、女子学生排除は「東大憲章」が唱える平等の理念に反すると警告を発しました。

これまであなたたちが過ごしてきた学校は、タテマエ平等の社会でした。偏差値競争に男女別はありません。

ですが、大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています。社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています。東京大学もまた、残念ながらその例のひとつです。

学部においておよそ20%の女子学生比率は、大学院になると修士課程で25%、博士課程で30.7%になります。

その先、研究職となると、助教の女性比率は18.2、准教授で11.6、教授職で7.8%と低下します。これは国会議員の女性比率より低い数字です。

女性学部長・研究科長は15人のうち1人、歴代総長には女性はいません。

こういうことを研究する学問が40年前に生まれました。女性学という学問です。のちにジェンダー研究と呼ばれるようになりました。

私が学生だったころ、女性学という学問はこの世にありませんでした。なかったから、作りました。

女性学は大学の外で生まれて、大学の中に参入しました。4半世紀前、私が東京大学に赴任したとき、私は文学部で3人目の女性教員でした。そして女性学を教壇で教える立場に立ちました。

女性学を始めてみたら、世の中は解かれていない謎だらけでした。

どうして男は仕事で女は家事、って決まっているの?主婦ってなあに、何する人?ナプキンやタンポンがなかった時代には、月経用品は何を使っていたの?日本の歴史に同性愛者はいたの?

...誰も調べたことがなかったから、先行研究というものがありません。ですから何をやってもその分野のパイオニア、第1人者になれたのです。

今日東京大学では、主婦の研究でも、少女マンガの研究でもセクシュアリティの研究でも学位がとれますが、それは私たちが新しい分野に取り組んで、闘ってきたからです。そして私を突き動かしてきたのは、あくことなき好奇心と、社会の不公正に対する怒りでした。

学問にもベンチャーがあります。衰退していく学問に対して、あたらしく勃興していく学問があります。

女性学はベンチャーでした。女性学にかぎらず、環境学、情報学、障害学などさまざまな新しい分野が生まれました。時代の変化がそれを求めたからです。

言っておきますが、東京大学は変化と多様性に拓かれた大学です。わたしのような者を採用し、この場に立たせたことがその証です。

東大には、国立大学初の在日韓国人教授、姜尚中さんもいましたし、国立大学初の高卒の教授、安藤忠雄さんもいました。また盲ろうあ三重の障害者である教授、福島智さんもいらっしゃいます。

あなたたちは選抜されてここに来ました。東大生ひとりあたりにかかる国費負担は年間500万円と言われています。これから4年間すばらしい教育学習環境があなたたちを待っています。

そのすばらしさは、ここで教えた経験のある私が請け合います。

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。

ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。

そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。

あなたたちが今日「がんばったら報われる」思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。

世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。

恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。

そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。

女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です。

あなた方を待ち受けているのは、これまでのセオリーが当てはまらない、予測不可能な未知の世界です。

これまであなた方は正解のある知を求めてきました。

これからあなた方を待っているのは、正解のない問いに満ちた世界です。

学内に多様性がなぜ必要かと言えば、新しい価値とはシステムとシステムのあいだ、異文化が摩擦するところに生まれるからです。

学内にとどまる必要はありません。東大には海外留学や国際交流、国内の地域課題の解決に関わる活動をサポートする仕組みもあります。未知を求めて、よその世界にも飛び出してください。

異文化を怖れる必要はありません。人間が生きているところでなら、どこでも生きていけます。

あなた方には、東大ブランドがまったく通用しない世界でも、どんな環境でも、どんな世界でも、たとえ難民になってでも、生きていける知を身につけてもらいたい。

大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身につけることではなく、これまで誰も見たことのない知を生み出すための知を身に付けることだと、わたしは確信しています。

知を生み出す知を、メタ知識といいます。そのメタ知識を学生に身につけてもらうことこそが、大学の使命です。

ようこそ、東京大学へ。




申し込み エントリーはこちらへ


申し込み エントリーはこちらへ








川崎市の司法書士の求人川崎市にお住まいの司法書士の求人
横浜市の司法書士の求人横浜市にお住まいの司法書士の求人
東京の司法書士の求人東京にお住まいの司法書士の求人 田園都市線の司法書士の求人田園都市線にお住まいの司法書士の求人
南武線の司法書士の求人南武線にお住まいの司法書士の求人
東横線の司法書士の求人東横線にお住まいの司法書士の求人
小田急線の司法書士の求人小田急線にお住まいの司法書士の求人
高津区の司法書士の求人高津区にお住まいの司法書士の求人
溝の口の司法書士の求人溝の口の司法書士の求人
中原区の司法書士の求人中原区にお住まいの司法書士の求人
多摩区の司法書士の求人多摩区にお住まいの司法書士の求人
宮前区の司法書士の求人宮前区にお住まいの司法書士の求人
麻生区の司法書士の求人麻生区にお住まいの司法書士の求人
幸区の司法書士の求人幸区にお住まいの司法書士の求人
川崎区の司法書士の求人川崎区にお住まいの司法書士の求人
登戸の司法書士の求人登戸の司法書士の求人
武蔵小杉の司法書士の求人武蔵小杉の司法書士の求人
鷺沼の司法書士の求人鷺沼の司法書士の求人
港北区の司法書士の求人港北区にお住まいの司法書士の求人
緑区の司法書士の求人緑区にお住まいの司法書士の求人
都筑区の司法書士の求人都筑区にお住まいの司法書士の求人
鶴見区の司法書士の求人鶴見区にお住まいの司法書士の求人
横浜市神奈川区の司法書士の求人神奈川区にお住まいの司法書士の求人
横浜市西区の司法書士の求人横浜市西区にお住まいの司法書士の求人
横浜市中区の司法書士の求人横浜市中区にお住まいの司法書士の求人
町田市の司法書士の求人町田市にお住まいの司法書士の求人
渋谷区の司法書士の求人渋谷区にお住まいの司法書士の求人
世田谷の司法書士の求人世田谷にお住まいの司法書士の求人
大田区の司法書士の求人大田区の司法書士の求人
品川区の司法書士の求人品川区の司法書士の求人
目黒区の司法書士の求人目黒区の司法書士の求人
狛江市の司法書士の求人狛江市の司法書士の求人
千代田区の司法書士の求人千代田区にお住まいの司法書士の求人
九段下の司法書士の求人九段下にお住まいの司法書士の求人
渋谷の司法書士の求人渋谷区にお住まいの司法書士の求人
自由が丘の司法書士の求人自由が丘にお住まいの司法書士の求人
三軒茶屋の司法書士の求人三軒茶屋通勤圏にお住まいの司法書士の求人
青葉台の司法書士の求人青葉台にお住まいの司法書士の求人
二子玉川の司法書士の求人二子玉川近くの司法書士の求人
調布の司法書士の求人調布の司法書士の求人
府中の司法書士の求人府中の司法書士の求人
稲城市の司法書士の求人稲城市の司法書士の求人
稲田堤の司法書士の求人稲田堤の司法書士の求人
多摩市の司法書士の求人多摩市の司法書士の求人