不動産取引 売買登記 偽造・詐欺を見抜く日本一高度な業務 司法書士法人関根事務所
安全安心で創業 27年目

司法書士法人
関根事務所

曜日・曜日・日も
休まず営業

営業時間 (時間外はご予約でご対応)

月曜日・木曜日・金曜日
午前9時~午後8時

火曜日・水曜日・土曜日・日曜日
午前9時~午後6時

【御来所の際は事前にお電話を】
(全員外出していることもあります。)


個人事務所の司法書士を逮捕。横領事件が連続で発生

 個人事務所の司法書士がお客様の資金を横領した容疑で逮捕される事件が連続で発生しました。

申し込み 事件発生についての平成31年2月5日司法書士会会長談話

申し込み 事件発生についての令和元年5月23日司法書士会会長談話



 当司法書士法人は、司法書士が7名おります
 お互いにチェック体制
が整っております。
 ご安心してご依頼下さい。
 ご依頼は、法人格のある 司法書士法人をご利用下さい。



司法書士の中でも犯罪者になりやすいタイプがあるように思います。 正直さがなく、ねつ造・偽造・ウソ・ごまかしを日常的にしている者です。


●相続専門のホームページを作成し、不動産売買の登記がくれば受任し、商業登記会社の役員変更登記がきても受任する。どこが相続専門なのでしょうか

●不動産売買登記は不動産業者のプロの目から見て能力の低い司法書士が関与すると取引でトラブルになります。そのため不動産取引のプロの不動産仲介会社の方が能力の低い司法書士を廃除することがあります。
しかし、相続登記は一般の方から受任することが多い案件です。
一生に何度も依頼することもないため、一般の方はその司法書士の能力が低いことを理解が出来ません。したがって、能力の低い司法書士ほど相続登記にチカラを入れ、相続専門・成年後見専門・遺言専門などと言い出すことがあります。

●不動産売買登記は、地面師のような不動産詐欺師との戦いで高度な偽造書類を見抜く経験と知識が必要です。数千万円以上の売買価格の金額は普通ですし、そのやりとりにおいてリスクがあり、不動産詐欺師を見抜けない場合賠償責任が司法書士に発生します。しかし、相続登記ではそのようなリスクがないため高度な知識が不要です。

●相談件数○○○件と表示しているものがいます。
相談件数では解決したわけでもありませんし、受任しないと意味がありません。 年間の受任件数は、司法書士会へ報告義務があります。受任すれば、関係各所に委任状や申請書などの明確な証拠が残ります。それに比べますと相談件数は簡単にねつ造ができます。有料ではなく無料相談で件数稼ぎもしているようです。

犯罪者予備軍のようなあきれる個人事務所の司法書士がいますのでご注意ください。










当司法書士法人の司法書士メンバーはこちら

高額な損害賠償保険に加入しております。

損害賠償保険に未加入だったり、不動産取引価格以下の損害賠償保険にしか加入をしていない司法書士もいます。金額をご確認ください。